ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

試合後に審判とクラブ代表が、審判の判定を検証する制度の評価


Jリーグでは今季から、試合終了後に審判側と両チームの代表者が一緒になって判定を検証するプロジェクトが進んでいます。

世界的にも極めて珍しい試みだそうで、審判の能力アップに繋がることが期待されていますし、誤審と判断されれば、クラブや選手に遺恨も残らないかもしれません。

マッチコミッショナーの立ち会いの下、映像を見ながら試合を振り返るそうで、

担当した審判は直接参加しませんが、審判代表と試合をした両クラブからの代表がその判定を振り返り評価し、さらには今後に活かしていこうとする制度です。

ここまでJ1では、162試合のうち、36試合44事象について話し合いが行われ、PKについてが半分の26事象も占めているそうです。

44事象のうち、その場で誤審と判断できたものは、「15」。

すぐわかる誤審については、見方・判断の仕方を磨く手だてにしてほしいですね。

それとは違って、時間を置いてから委員会が誤審と評価したものが、「18」。

これは、人間の一瞬の判断では無理だったといえるもので、改善は難しいのではないでしょうか。

クラブの運命を左右するような審判のミスは、見ているこっちも辛いので、この取り組みが、日本の審判技術向上に繋がってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。