ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

大分戦1-2 キャンプで何をやってたのか?攻守に連動性無し

1万5千人を集めたこの試合。

多くのお客さんが新戦力に期待をし、J3から上がってきたばかりの大分に負けるはずがないと信じていたはず。

ところが、アビスパの両サイドにポッカリ空いた穴。相手キッカーに大したプレッシャー与えられず、危険なボールがガンガン杉山の前に。

対して、アビスパはウェリントン頼みの無策サッカー。

後半は、ウェリも完全にばててしまってチームとして何もできなくなってしまう。

サイドバックアップとウィングが、縦に突進する動きが無く、連動性が全くない。

その上、ウィングがバイタルエリア出入りして脅かす動きも小さく、松田が孤立。

ウェリントンまで外に呼び出されて、攻めどころのない状態になるシーンもあって、悲しさ倍増。

杉山の反応の遅さもなんとかならないのか。両失点ともキーパーの責任がある。

大分は、きちんと5人で厚く速攻が出来ていて、連動性がある。

井原はいったいキャンプで何を指導していたんだと言いたい。

大分サポの歓喜を何度もレベスタで聞かされるこっちの身にもなってくれ。


にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

3 Responses to 大分戦1-2 キャンプで何をやってたのか?攻守に連動性無し

  1. 現地 says:

    最悪でしたね。J1の上積み無いし、相手はチャレンジャーだしもうね・・・観てられませんでした。観ましたけど。

    • admin says:

      コメントありがとうございます。

      いまだ、怒りと悲しみが収まりません。

      もう少し頭を冷やして、また明日 追加の記事を書きたいと考えています。

  2. 在宅 says:

    前半のはじめの方は、パスがつながってゴール近くまで行けてたので、いいと思ったが。
    ブラジル人が3人スタメンで出るのを待ちましょう。

コメントを残す