By

修正ができるのか?井原イズム


今日の午前中までは完全に昨日の敗戦を引きずってました。

それでも、後半ロスタイムに決められて、大分サポから「ワー」という声が聞こえてきた情景がいまでもフラッシュバックしてきつい状態です。

何人かのアビサポとも話したのですが、井原監督が時節の試合でどれくらい修正できるのか、心配でなりません。

試合後の井原のコメントを見ると、大分の前の3人のFW、1トップ、2シャドーのコンビネーションというのは非常に良く、脅威になるだろうという話をしていたとのこと。

そこで中心ラインはしっかりケアする準備をしていたんだと思います。

ですが、大分側のスカウティングは、アビスパの弱点を見抜いていました。(選手に個の力量がある中央ではなく)「サイドを使っての縦の突破」を図ってきます。

試合を通じてこのテーマは修正されることなく、多数放り込まれるセンタリングに対して、アビスパ側としては人海戦術で凌しかなくなってきます。

一昨年であれば、中村航がいたので、寸前のところで守れていましたが、杉山のパフォーマンスじゃぁ。。

守りのブロックもなんか不徹底さが見えました。攻守の切り替えも遅く、パスの出し手へのプレッシャーも弱い。この辺の意識付けが、練習の中で出来ていなかった事が大きかったとも思います。

城後はベンチスタートだったものの、ゲーム途中から使うことは決めていたようです。

松田力が良いところを見せていなかったのに、プランを切り替えずに予定していたボランチに配置。役割不明の中途半端なプレーを見せられて、本人も不完全燃焼でしょう。試合中の展開で起用法を柔軟に変えられなかったのでしょうか。

ゲームの中で、攻撃の進み方が、ウェリントンに当てるだけになった時、変化を付ける仕掛けみたいなものを選手全員で共有出来てないようにみえます。ポッピが出場出来れば解決してくるかもしれませんけど、攻撃策のプランBのようなものを、意識付けて欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメントを残す