ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

内川の気持ちは受け取ったぞ。またチームを盛り上げていこう

まず自打球の影響で痛めていた足が回復していると聞いて良かった。昨日の試合から、DHを他の選手で活用できるようになったので、チーム全体に有効に働くと思う。

(しかし、なぜ昨日の試合では田上を1打席で代えたんだ?何のためのDHスタメンなのか)

スポーツには流れが重要。負の連鎖を止めるには、いつもと同じことをしていてはダメだ。翌日がデーゲームであるのに、居残り特打をした内川の気持ちとリーダーシップが、チームを代えるきっかけになると信じたい。

■↓■西スポから(http://www.nishinippon.co.jp/nsp/)■↓■

 最下位転落阻止へ、ポイントゲッターが異例の行動で自身を鼓舞した。3タコに終わった内川聖一外野手(30)が試合後、単独で居残りロングティーを約20分。無音の本拠地に思いをぶつけた。エース摂津正投手(31)で痛い星を落としたチームは5月27日以来の借金生活に突入、きょう敗れると最下位に転落する。シーズン折り返し以降では秋山ホークス初となる大ピンチ、希代のヒットマンが何が何でも救ってみせる。
 ■悔しい3タコ…
 試合後のヤフオクドームに乾いた打球音が響いた。打てない、勝てない。つらい現状に球界屈指のバットマンが動いた。大黒柱の摂津を擁しながら2-7で完敗した30分後、3万人超の観客が帰った本拠地で内川が独りロングティー打撃を繰り返した。「遊びです、遊びです」。冗談めかしたつもりだが、笑みはやや引きつっていた。
 体を大きく使い、左翼スタンド方向へフルスイング。最後には疲労か脱水症状の兆候からか、両ひざを突いてうつむき、選手サロンでパンと水分を補給する一幕もあった。時間こそ約20分間だったが、ナイター後、しかも翌13日にデーゲームを控える日程では珍しい居残り練習。まして打率・333を誇っているポイントゲッターだけに異例の行動だった。
 それほど3タコに終わった自らへの憤りを膨らませていたようだ。先制のチャンスになりかけた初回1死一塁、今季初先発だった前田のスライダーを引っかけて遊ゴロの併殺打に倒れた。2点をかえし、なおも1死一、二塁で迎えた8回の第4打席は左飛。真っすぐ高めのボール球を打ち上げて、反撃の流れを止めてしまった。
 7月5日楽天戦の第1打席で1死一塁から左前打を放ったのを最後に、走者を置いた場面で1死球を挟んで13打席連続で凡退。交流戦で爆発した「つながる」打線がブツ切れ状態になった一因になっている。「分かっています、それは分かっています」。ただでさえチームを引っ張る立場として責任を感じている中で、輪をかけた重圧と闘っている。
 ■体調は問題なし
 交流戦MVPに輝いた2年前、直後に右太もも裏の肉離れで離脱。1カ月以上の離脱を強いられた。今季も交流戦打率が12球団中、長谷川に次ぐ2位の・385と好調だっただけに、その後の失速を警戒してきた。自打球で痛めていた左足も徐々に回復し、9日から左翼に復帰。体の状態が下降線になっているわけではない。それでも迷宮に入りかけている現状だ。「どうしたらよくなるでしょう。分かる人いますか?」。帰り際には報道陣に逆取材した。
 チームはきょう13日も敗れれば、試合がなかった4月15日以来の最下位に転落する。何とかしたい思いは内川だけではない。試合後のミラールームには、普段から素振りをしている長谷川に加えて今宮の姿もあった。「頑張ります、頑張ります」。なぜかコメントを繰り返し続けた内川。このまますごすごと球宴を迎えるはずがない。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

アビスパの営業収益J2で12位 スポンサー様ご協力ください!


2012年度の経理情報が発表された。

アビスパは、J2平均と比較して、
営業収益・・・91%の854百万円
入場料収入・・・110%の170百万円
人件費経費・・・113%の411百万円

営業利益が平均以下とは悲しいばかり。

しかし明るい材料も。アカデミー収入がJ2トップで172百万円もある。組織立たれたアビスパのアカデミーは着実に地域に根ざした活動が行われている。スポンサーもこの若い世代の活動を支援する形で地域貢献をし、ひいてはクラブを支援していただいているところもある。

福岡のユースに参加することが、地域のステータスになり、トップチームへの重要な戦力供給源になってほしいと願う。

・他のアビスパブログへ–>にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

古賀兄貴は、戻ってこられるのか?


全治2ヶ月は長い。

古賀いないDFは不安でならないが、それよりもベテランの古賀にとっては、コンディションを戻すことが難しそう。

最悪このまま引退とかにならなければよいが。

■↓■ゲキサカから(http://web.gekisaka.jp/)■↓■

アビスパ福岡は12日、DF古賀正紘が左腓骨筋腱脱臼と診断されたため、9日に福岡市内の病院で手術を受けたと発表した。全治までは2か月を要する見込み。古賀は今季ここまで、15試合に出場していた。

・他のアビスパブログへ–>にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................1,006 / 1,154« 先頭...102030...1,0041,0051,0061,0071,008...1,0201,0301,040...最後 »