ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

ラヘア->代打 松中 そのまま守備 結構あると思うよ


ラヘアが打てそうもない左ピッチャーが出てきた時や細川の代打という機会は多いと思うよ。

そのまま1塁の守備ってことも多そうなので、しっかり守りの練習をして欲しいです。

しかし、毎年のことだけど、この時期の松中は黒いわ。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

ラヘアは広角に打てるけど、左投手に弱いので


去年の左投手打率が、.063というのはある意味すごい・・・だぶん監督から左だとすぐベンチに下げられるレベルだろうね。

そんなラヘアは、広角に打つ器用さも持っている。ケース打撃もできるという。
日本で左打ちのきっかけを掴んで欲しいのだがどうだろう。日本の投手は嫌なところばかりついてくるので、余計に左嫌いが進んでしまう可能性もあるが。

■↓■日刊スポーツから(http://www.nikkansports.com/)■↓■

正一塁手争奪バトルが勃発だ! ソフトバンクの新外国人ブライアン・ラヘア内野手(30=カブス)が2日、宮崎キャンプで初の屋外フリー打撃を行った。66スイングで左中間方向も含めて4本の柵越え。小久保裕紀氏の引退で空席となった正一塁手に向け、アピールを開始した。

 キャンプ初めての週末。1万8500人の観衆が集まった宮崎・生目の杜のメーン球場で、ラヘアがシュアな打撃をファンに披露した。「一番は気候が良かったことだね。このファンの歓声も力になったよ」。あいにくの雨だった初日は屋内でのフリーだった。この日は一塁を争う松中と同組で、心地よさそうに快音を響かせた。

 最初のうちはタイミングに苦労したが、13球目に右越えの“来日初アーチ”。これでエンジンがかかったのか、鋭いライナーを右へ左へと飛ばした。30球目には逆方向となる左中間への柵越えも放った。「自分の特長は広角に打てること。レフトへの打球は、自分でも手ごたえがあった。シーズンが始まれば、ああいう打球が増えるだろう」と自画自賛の一撃だった。

 カブスで16発を放った昨年は、対左投手の打率がわずか6分3厘だった。そんな左アレルギーも改善の兆しが見られた。左の岸打撃投手を相手にしたフリー打撃の後半は、33スイングで安打性の当たりが15本。藤井打撃コーチは「初日は左に差し込まれたけど、今日は右も左もうまく打っていた」と評価した。

 入団会見では3割、30発、100打点の高いハードルを掲げた。それでもフォア・ザ・チームを第一にする新助っ人は、頭の中でケース打撃を行っていたという。「後半はゲームでのシチュエーションを考えながら打っていた。例えばランナー三塁なら得点になるような打ち方をした」。ならば柵越えが4本にとどまったのも納得だ。「どう準備するかが重要。いい形でシーズンに入りたい」。正一塁手はオレだと言わんばかりだった。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

ショックを受けながら投げているという和巳


ショックを受けながら投げているとは・・重たく辛いコメントだな

あの20勝したストレートを知るファンとしては、現状を感じる記事だ。

もしかすると、今年はやるべきことをやったと評価する年なのかもしれない。
がんばれ和巳!

■↓■スポニチから(http://www.sponichi.co.jp/)■↓■
 右肩痛から現役復帰を目指すソフトバンクの斉藤リハビリ担当コーチが今キャンプ初めてブルペン入りし、捕手を立たせたまま40球投げ込んだ。

 一歩前進した形だが、納得の投球には程遠いようで「ギャップが大きい。1球1球ギャップにショックを受けながら投げた。今後については計算できない。肩の状態もあすになってみないと分からない」と手探り状態は続く。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................1,034 / 1,113« 先頭...102030...1,0321,0331,0341,0351,036...1,0401,0501,060...最後 »