ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

甲斐の今年の盗塁阻止率と歴代の記録


甲斐のスローイングが、ホークスの試合観戦を楽しくしてくれている。
今年の盗塁阻止率は、パリーグトップの.447。

半分弱の盗塁を防いでくれるのは、チームとしても相当助かるし、バンデンハークなど牽制が苦手なピッチャーを支えてくれることも大きい。

甲斐のこの数字でも相当にすごいと感じていたのですが、過去に5割を超える盗塁阻止率にまで達した捕手が、11人もいた。

有田修三 近鉄
1976 0.536
大矢明彦 ヤクルト
1970 0.568
1972 0.550
1974 0.552
1976 0.500
小宮山慎二 阪神
2012 0.500
城島健司 ダイエー
2002 0.508
谷繁元信 横浜
2001 0.543
田淵幸一 阪神
1969 0.534
1970 0.552
1972 0.541
1973 0.519
中村武志 中日
1989 0.516
1995 0.519
梨田昌孝 近鉄
1979 0.536
福島知春 巨人
1978 0.633
福嶋久晃 大洋
1975 0.553
古田敦也 ヤクルト
1990 0.527
1991 0.578
1993 0.644
1994 0.500
2000 0.630

1993年の古田は、45回走られて16回しか盗塁を許していない。

というか、130試合に出場しているのに、45回しか走られていないことがすごい。

話しは甲斐に戻りますが、もう少しリードの技術の向上が必要そうです。

首脳陣に指導を受ける場面もよく見ますし、終盤戦では高谷が重宝されている試合も多くありました。

クライマックスシリーズでどこまでアピールできるか、楽しみでもあります。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

ロッテ戦 シーズンの締めはデスパイネ


少し調子が落ちていた外国人打者2人の状態が上り調子でシーズンを終えたことが嬉しい。

デスパイネの2発目は、打った瞬間でレフトスタンド。



CSであんなに甘い高めのボールはきそうにないが、気持ちよくシーズンを終えることが出来る意味は大きいはずだ。

なんだかんだで、西武の196本を上回ったチーム本塁打は、202にもなった。

西武の打者をいつも誉めちぎっていたが、ホークスのほうこそ、すごいということになる。

ただ、西武との違いは、ランナーをためて、一気に得点を重ねられるかということ。

1番松田・2番上林という奇襲はどうだりうか。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

高田でいくか、今宮に無理させるか


昨日のスリーベース。二木の甘いコースの球を強く叩き、風にも乗せながら見事なフェンス直撃弾。

ちょっと、相手センターの守備もドヘタでしたけど、高田に対するインパクトは高まりました。

一方、復帰調整中の今宮の状態は、6割程度とのこと。

本人は、無理してでもクライマックスシリーズに出ようとしているみたいです。

シーズンの最後なので、今宮が無理できるのであれば、そうしてもらうしかないかなと思ってます。

高田の守備は、今宮とそうレベルが変わりませんけど、打率はいまだ1割台。

守備位置別に計ると、源田との差は大きくなってしまいますから。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................5 / 1,069« 先頭...34567...102030...最後 »