ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

ACL 水原三星が審判を買収?


先日行われた水原三星と柏の試合、柏が大勝したが、非常にきな臭い試合展開だった。
Youtubeより

後半だけで水原三星に4本のPKが与えられ、どれも微妙な裁定。Jでも活躍したチョンテセは、まるでわざと外したかのようなPKミスを繰り返す・・・

これって、審判が買収されてたんじゃないの?

世界中のサッカー界でこのような買収や八百長が問題になっているが、ACLは特に怪しい試合が多い。
過去には、城南一和が15点を入れて逆転してトーナメント入りするなど、ACLは、サッカーのレベル以前に次元が低い。

こんな試合を、いちサッカーファンとしてみたくない!

■↓■産経新聞から(http://sankei.jp.msn.com/)■↓■

ACL1次リーグ第3節H組(3日、水原三星2-6柏、韓国、水原)H組は、2年連続出場の柏が敵地で水原(韓国)に6-2で快勝し、3連勝。
早くも1次リーグ突破に王手をかけた。5枚の警告を受けて、後半だけでPKを4度与える乱戦の中、GK菅野(すげの)孝憲(28)が1-0の後半3分、相手PKを阻止するスーパーセーブ。
その後3度のPKも1本しか決めさせなかった。F組は、2007年以来のアジア王者をめざす浦和がホームで全北(韓国)に1-3で敗れた。
度重なる逆境を、乗り越えた。前半16分の先制弾を皮切りに、2得点したFW田中順也(25)は、昨年6月30日のリーグ戦G大阪戦(万博)以来の6得点にも、笑顔はなかった。
「いい時間帯に点を取れた。アウェーを痛感するような厳しいゲームでしたが、相手を上回れてうれしい」

この試合で出された警告5枚はすべて柏。守備で厳しいチェックをすると水原の選手が倒れ、PKを4度も献上。
そんなピンチの連続で、守護神・菅野の鬼気迫るファインセーブが、傾きかけた流れを引き戻した。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

今年始めて上位打線が機能した


初回は本多・今宮でチャンスを作り、内川が返して先制!
さらに今宮と内川がランナーに出て、マッチが勝負を決める3ラン!

うーん、上位打線が今年始めて機能したね。

攝津には、ゲームそして雰囲気も引っ張ってもらっていると思う。もう一回仕切り直しの開幕ですよ!

■↓■日刊スポーツから(http://www.nikkansports.com/)■↓■

 ソフトバンク今宮健太内野手(21)が今季初打点をマークした。5回1死三塁の第3打席は真ん中高めの直球を右方向へはじき返した。

 二塁手のグラブをはじく痛烈なライナーだった。「2ストライクと追い込まれてたので右方向を意識していました。うまく打てて良かったです」。この適時内野安打でマルチ安打とし、直後は二盗にも成功。2死からブライアン・ラヘア内野手(30)の一、二塁間への深い当たりで二塁から一気に生還した。さらに6回は松田宣浩内野手(29)のはじいた打球を拾ってアウトにするなど、走攻守で存在感を示した。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

パティーヤ 直球で日本の打者を押さえ込もうとするが


偏った投球スタイルで、9割も直球を投げていたというから、舐めてんでしょうね。日本の野球を。

次第にその直球の球威が落ち、痛打されてしまってるので、自分で長いイニングは無理ですよと言っているようなもの。

メジャーのプライドを尊重しつつ、ピッチングスタイルを変えるように高山コーチは指導できるだろうか。

■↓■スポニチから(http://www.sponichi.co.jp/)■↓■

 我を通し、KOされた。メジャー通算108勝を誇るソフトバンク・パディーヤの来日初先発は、プライドが邪魔し、5回7安打5四死球3失点。チームは泥沼の5連敗。開幕6試合で1勝しかできないのは、ダイエー2年目の90年以来23年ぶりの屈辱だ。

 「ここ2年間はリリーフだった。その1、2回しか持たない投げ方をしている。自分の投げたい球だけ投げていても、抑えられない。もっと耳を傾けないと」。高山投手コーチは怒り心頭だ。

 立ち上がりは捕手・山崎にサインに首を振り、思いのまま直球を投げ込んだ。2回までの38球のうち、直球は9割近い34球のパワーピッチ。初回最速146キロを計時したものの3回以降、直球は140キロ前後まで急落し、5回につかまった。

 「思ったところに投げられなかった。自分のコントロールの問題だ。コミュニケーションも問題はない」とパディーヤは悪びれない。ただ、昨季はメジャー通算119勝右腕のペニーが、1試合に先発しただけで右肘痛を理由に退団した。「根気強く教えていく」と高山投手コーチ。「わがまま」を封印し、日本野球を根気よく教えることは必須だ。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

908 / 1,010« 先頭...1020...907908909...920930...最後 »