ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

武田は、右腕の張りが限界だった

武田は、右腕の張りが限界だったという。
これだけの成績を残しても高卒ルーキーということなんだろう。
決して潰れないように、100球前後で降板させてくれる今年の使い方では、球界を代表するエースにはなれない。しっかり体力をつけて、2年目のジンクスなんかを受けずに、来年は力強いエースになってほしい

■↓■日刊スポーツから(http://www.nikkansports.com/)■↓■

ソフトバンク秋山幸二監督(50)は新人武田翔太投手(19)を11月1日からの秋季・宮崎キャンプで“陸上部員”にする。今季は8勝1敗と先発ローテーションの一角に成長。ただ、CSファイナルSについて秋山監督は「武田は肩肘があれで、投げる予定はなかった」と右腕の張りが限界だったと明かし、「秋は走って走って、陸上部だな」と下半身強化を命じる。武田も「ウエートも走りもやります!」と来季に向けて走りだす考えだ。

By

ホークス選手ファン投票をアーカイブしました

2012年シーズン終了時点で、ファン投票結果をアーカイブしました。

1998年からの記録が見られます。

引き続き選手ファン投票を受け付けています。
皆さんが好きな選手の活躍を期待して、投票をお待ちしています。

By

ファーストを守る強強打の左バッターがほしい

得点力アップは、来年の補強の最大のポイント。
打てる外国人バッターの補強が必要だ。その条件は(1)小久保の抜けたファースト(2)既存クリンナップが右なので左バッターとなる。ブラゼルは確かに補強ポイントなんだが、西武時代も阪神時代も成績にムラがあるからなぁ

■↓■報知新聞から(http://hochi.yomiuri.co.jp/)■↓■

ソフトバンクが、阪神を今季限りで退団したクレイグ・ブラゼル内野手(32)を調査していることが20日、分かった。今季は不振ながら、10年に47本塁打したパワーは魅力で、今季限りで現役を引退した小久保裕紀内野手(41)の“後釜”にはぴったり。「来季は一塁を守れる外国人選手が必要」と球団関係者も説明する助っ人だけに、今後の動向が注目される。

 今季、チームは得点力不足に苦しんだ。リーグワースト2位の452得点で、本塁打数も昨年から20本減の70発。投手陣を援護できず、リーグ3連覇と連続日本一を逃して3位に終わった。以前から石渡編成・育成部長は「常勝軍団を作り上げていくうえで、外国人選手の力は必要になる」と話していた。内川、ペーニャ、松田と主軸に3人の右打者が並ぶため、チーム編成上でも左の大砲の獲得はフィットする。

 小久保の引退でレギュラー一塁手の座は空白。松中が一塁手復帰へ意欲を見せているが、今季は故障もあり65試合出場、打率2割2分1厘、4本塁打、13打点だった。来季のリーグV奪回を狙う秋山ホークスが、左の大砲ブラゼル獲得へ本腰を入れる。

945 / 981« 先頭...1020...944945946...950960...最後 »