ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

アビスパ福岡 まさしく安定経営


昨日、平成29年度決算が発表されました。 

________29年度 28年度 27年度 26年度  (百万円)
———————————————————————-
売上高   1,978  1,836  1,654   947

営業利益    51        22        59          5

純利益        22        20        48          9
———————————————————————-

平成26年度から経営に参画いただいたアパマンショップホールディングス様のおかげで、クラブの経営はV次回復。

26年度は、8700万の赤字。25年度は15,800万もの赤字を出していたにも関わらず、ここまで復調してもらったことに感謝しかありません。

売上高を倍以上にし、経営の安定化に成功した今は、人件費を伸ばしつつも確かな経営を続けているように見えます。

J2に落ちた昨年すら、売上高を伸ばすことができるているその経営手腕に、強い安心感を感じます。

これからも長くアビスパの経営に携わってほしいと思いますし、福岡という大きな町にふさわしいもっと強いクラブになれるように、経営体力がさらに大きくなればとも願っています。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

アビスパ福岡の強化配分率


先日のサポーターミーティングの議事メモを見て改めて思ったのですが、川森社長以下 職員の皆様は、現状でできることをしっかりやってくれていると感謝の気持ちが募るばかりです。

3年前に、アパマンショップホールディングス様が経営を引き継いでからは、スポンサー社数が約180社から1,000社ほどに。

売上額も9億から18億円に増えています。

給与が払えないと言って、妙な協賛金を募っていた時期は、そんな昔のことではありません。

このV字回復にまずは、感謝しないといけないと思います。

また、年間の売り上げに対しての強化配分率は、だいたい51.8%で、全54クラブの中でかなり上位を占めているとのこと。

調べて見ると、リーグ全体では43%でした。

この点でも企業努力を感じます。

それでも,J1定着の為には、もう一歩の収入アップが必要なことも事実。

J1平均が36億円。鳥栖も27億円ですね。

このレベルまで引き上げるには、一層の盛り上がりと、クラブの魅力を高めることが必要でしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

2018年 アビスパ福岡の選手層


ウォンドゥゼの契約更新が発表されて一安心。

これで、2018年におけるアビスパ福岡の陣容がおおよそ出揃ったようだ。


想定するレギュラー11人は、次のとおり。

トゥーリオ
松田  枝村
輪湖    駒野
ウォン 鈴木
篠原 岩下 實藤
杉山

試合途中の交代枠
松田→石津
松田→エウレー
トゥーリオ→ユインス
駒野→平尾
枝村→森本
鈴木→山瀬

バックアップ枠
FW 木戸
MF 城後
DF 堤 田村 篠原
GK 神山 山ノ井

早くこの陣容で試合を見てみたい。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................1 / 1312345...10...最後 »