ファビオが言う「インテンシティー」とは


インテンシティーとは、「強度」という意味らしく、

サッカーで言うところ、インテンシティーが高いサッカーとは、

相手チームがボールを保持している時にプレッシャーをかける頻度が高く、

ボールを奪う頻度が高いチームとなるらしい。

なるほど、ファビオがアビスパで目指したいサッカーのスタイルそのものじゃないか。

しかし、京都戦では、5バックで深く守られ、

ボールを持たされてしまい、どう攻撃すべきか、チームとしての糸口がなくなり、

引いて守るのか、無理して前から追いかけるのか迷いも出て、

混乱したまま終わってしまった。(後半の最初以外)

正直、ぜんぜん練度が足りていないなと思います。

今の選手構成で、「インテンシティー」の高いサッカーを実現できる能力を持っているのかという

根本的な疑問も晴らせていません。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。