ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

新潟戦0-2 戦術が元J1クラブにはまらない


審判へのイライラも相まっての大きなブーイング。

1試合も首位を防衛できなかった、我がクラブの不甲斐なさを嘆く気持ちがスタジアム全体を包んでいました。

両サイドの縦への推進が弱すぎて、攻め手がボランチから縦に通そうとするロングパス偏重に。

途中から、そこを補うかのようにドゥドゥをサイドに置いたが、これで得点力も落ちた。

縦への押し込みが少ないから、森本も後ろの方で受けるだけ。

FKによる失点は仕方ないにしても、1点は取りきらないと。

最後の輪湖によるフリーのシュートの場面。

木戸から素晴らしいスルーパスが出て、絶対決めて欲しいところだったが、力んで簡単なトラップを流してしまう。

ワールドカップを見て、こういった「止める・蹴る」の基本的な技術差を感じていたので、このチャンスを失ったところはかなり落ち込んだ。

それと、後退枠の2人目が城後という選択。

外国人助っ人が相次いで抜けた影響が
モロに出ている証しだと思えた。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

降格しても昇格に失敗しても クラブは井原氏に続投要請


井原氏への続投要請がなされていたことが明らかになりました。

マリノスから招へいされる可能性もあり、これから慎重に判断するのではないかと思います。

昨日の決勝戦、福岡・名古屋両方とものサポーターではない中立の立場で観戦した方から、アビスパの攻撃は、やはりバリエーションが足りなく、雑さも感じるとの意見がありました。

シーズン最少失点のチームを作り上げたことは、かなりの評価に値することだと思いますし、J2ではこういう守備的な戦い方が必要とも感じてはいます。

ただ、アビスパの攻撃面での方策を新しい考え方で持ち込む必要があるのかなと思わざるを得ません。

ましては、来年はウェリントンがいない。

ウェリントンの個人技に頼れないチーム作りができるのかという大きな不安が付きまといます。

井原氏のネームバリューは、経営面での大きなバックアップになることもあり、クラブは慰留に努めることになると思うのですが、攻撃面のコーチングを支える新たなコーチの採用は必須ではないかと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

試合後に審判とクラブ代表が、審判の判定を検証する制度の評価


Jリーグでは今季から、試合終了後に審判側と両チームの代表者が一緒になって判定を検証するプロジェクトが進んでいます。

世界的にも極めて珍しい試みだそうで、審判の能力アップに繋がることが期待されていますし、誤審と判断されれば、クラブや選手に遺恨も残らないかもしれません。

マッチコミッショナーの立ち会いの下、映像を見ながら試合を振り返るそうで、

担当した審判は直接参加しませんが、審判代表と試合をした両クラブからの代表がその判定を振り返り評価し、さらには今後に活かしていこうとする制度です。

ここまでJ1では、162試合のうち、36試合44事象について話し合いが行われ、PKについてが半分の26事象も占めているそうです。

44事象のうち、その場で誤審と判断できたものは、「15」。

すぐわかる誤審については、見方・判断の仕方を磨く手だてにしてほしいですね。

それとは違って、時間を置いてから委員会が誤審と評価したものが、「18」。

これは、人間の一瞬の判断では無理だったといえるもので、改善は難しいのではないでしょうか。

クラブの運命を左右するような審判のミスは、見ているこっちも辛いので、この取り組みが、日本の審判技術向上に繋がってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................1 / 712345...最後 »