ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

水戸戦2-0 何もできなかった前半から一変


前半、手の出しようが無いほど抑え込まれました。

横パスのスピード遅くて、水戸が作ったブロックのギャップを作れない。

縦パスも前線との息が合わず、惇からのパスがミスばかりに。

なんとか、最後尾で跳ね返しても、ボランチ間に合わなくて、セカンドボールがことごとく相手ボールに。

逆に、相手のツートップが斜めに走り、前線でボールをキープ。

ポストに当てられるなど、いろいろ危険な守りが多々発生した前半でした。

よく耐えた。といえばその通りなのですが、相手の個人技の弱さに助けられた面も多かった前半だったのですが、ドゥドゥが一本のチャンスを見事に決めてくれます。

相手のクリアがドゥドゥの前に流れてくると、ここでさすがの決定力を発揮。

こういったとろでふかさない。さすがですよ。

さらには、惇のフリーキックが完ぺきに決まるなど、試合を決定づけた5分間の2発。

ふぃー。

ドゥドゥがいてくれて助かりましたが、前半は嫌なサッカーをホントされてしまいましたね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

群馬戦3-1 前半はボランチの差、後半はフィードの差


天皇杯のモヤモヤが残っている中、同点に追いつかれたときは、どうしようかと思ったよ。

最下位の群馬相手にキッチリ勝利して、3位に勝ち点差5。ほっとしました。

試合序盤は、アビスパのパスがバイタルエリアで収まり、押し込んでプレーできていました。

そんな中でのジウシーニョのゴール。蹴った時はポスト外だったボールがグッと曲がってゴールネットに!

すげーシュートだ。

アビスパのボランチは、三門と山瀬のポジションが見事。スペースを与えずに、攻めるときは攻めるといったメリハリが素晴らしかったと思います。

後半は、堤と岩下のフィードが次々とサイド奧へ通り、チャンスメーク。

パクゴンのプレーにはこれがなかった。(パクゴンがんばれ!)

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

山口戦2-1 デフェンスの底からの効果的なパス ただし前半に限る


2節から復帰したダニルソンがやはり効いていました。中盤の底で刈り取って、左右のMFの前にボールを供給。

ダニルソンから亀川へのギリギリで通す数本のパスには、しびれました。

岩下からも、同じく左右の前線にボールが散らされ、二人の今シーズンのアビスパの武器になりそうです。

それらパスにウェリントンと松田がフリックして、相手のDFをずらす。

1点目は数多く取れたCKから、体格差を活かしたウェリントンのヘッド。

強い。


さらには、三門がバイタルでキープして、石津が逆サイドに素晴らしいシュート。

この段階まで上手くいきすぎて、みんなニコニコ。

ところがサッカーって難しい。後半に入ると、山口の2枚替えに状況が変わって一転苦しい展開に。

山口の山口らしいパスサッカーに受け身になってしまい、アビスパ側が繋げなくなってしまいます。

ならばとアビスパもポッピと城後の2枚替え。去年とは違って、フレッシュなだけでなく質を保った交代ができるのが良いね。

いや、城後は良く走っていたけど、ポッピの守備の軽さにひやっとするシーンも。

最後追いつかれなかったのは、山口の攻撃の精度の悪さに助けられたところもあるかと。

後半はすぐ相手に囲まれるシーンが多かったので、運動量的なところにも問題を抱えている気がします。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

1 / 6123...最後 »