ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

千賀と甲斐 育成コンビがホークスの未来を明るくする


千賀が、球団として始めて、育成上がりで1億円を突破。

甲斐は、シーズン前には誰も予想していなかった、ゴールデングラブとベストナインをダブル受賞。

この二人が同じ年の育成枠だったということが、ドラマチックすぎる。

同じ年のドラフト1位は、同じ高校生の山下。

彼には、公式戦の出場機会が与えられ、球団としてのバックアップが大きかったのに対して、甲斐は3軍でサードを守ることもあったという。

千賀もアマ時代のキャリアはほとんどなく、名古屋市のスポーツショップ「西正ベースボールショップ」からの紹介で、プロの機会を与えられ、ここまで来た選手。

両選手のサクセスストーリーに感銘するとともに、二人とも若くて、これからホークスを長年支えてもらえると夢見れば、すごくうれしいことです。

2018年は、二人でベストバッテリー賞をぜひとってほしいと願っています。

(今年は菊池と炭谷)

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

千賀は第7戦の中継ぎに期待


今年の千賀は、WBCをひきづって、ずっと背中の違和感を抱えている。

仕方ないね。

今日は、東浜に任せるとして、明日も武田翔太に託すしかない。

武田は、3戦目でそこそこ通用していたし、状態を見て、早めの継投で千賀につなぐことも十分考えられる。

ただ7戦目は、濱口の登板が濃厚で、できれば今日で決着を付けたいのが実情。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

オリックス戦4-3 ギリギリで千賀がタイトル獲得も不満大有り


まず言いたいのは、結果的にギリギリだったとはいえ、千賀は 最優秀勝率のタイトルを取るにふさわしい投手だということ。

それにしてもここ3試合くらいの投球内容は悪すぎる。

変化球なのかストレートなのか読まれているようにも感じます。

吉田の方が、内外角に投げ分け、フォークも効いていた。本来、千賀がこうあって欲しい。

監督が言うように、もっと攻めるピッチングが欲しいね。

しかし、9回2アウトから上林はよく打ったね。

千賀のタイトルが、あと1アウトで届かずというメチャ厳しい状況だったから。

最後は、少ないチャンスを活かそうとする必至さが伝わってくる吉村が

レフトスタンドにドン!

これで、ポストシーズンの代打の役割をゲットしましたね。ホーム最終戦のセレモニーを盛り上げる価値ある一発でした。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

1 / 15123...10...最後 »