ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

オリックス戦4-0 得点の形ができつつある


ホークス打線は、少しづつ上向き。

それも、ゲーム序盤から1・2番が出塁して足でかき回し、

好調を維持している今宮と松田が、ランナーを返す形で試合を優位に進めることが続いているから気持ちいい。

デスパイネも、ようやくボール球をブンブン振らなくなったし、

グラシアスが打線の厚みを作ってくれているから、一時期よりも得点を積み重ねられる。

先発の千賀は、露骨に調子悪そうに振る舞っていたが、

持っている球の質が違いすぎる。

すっぽ抜けても、相手はフォークを警戒しているから、空振りが取れる。

願わくば、則本が持つ連続二桁奪三振の記録を目指したかったが

千賀に期待することは、今日の三振ではなく

次登板も投げ続けられるスタミナと勝利だ。

これで、貯金7?

信じられない。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

西武とのチーム得点100差の理由


西武と比較したとき、チーム本塁打数はむしろホークスの方が上。

それなのに、チーム得点力にこれだけの差があるのはなぜか。

打線の中心となる4番の数字は、山川より柳田が圧倒。

ただ、打点は山川の方が高い。

それは、その前を打つ秋山と浅村のレベルが相当に高いから。

両選手の出塁率は、リーグ3位と4位。

この上位打線の厚みが得点力を増す。

さらに、森・外崎といった下位を打つ打者の出塁率も今宮・松田らを大きく超え、どこからでも点が入る打線となっている。

さすがに、良い投手当たっときは西武も打てないが、相手投手が制球を乱したとき、球威が落ちたときはたたみかけて、得点を重ねてくる。

3点差以上からの逆転勝ちが13度。

2001年の近鉄同様、チーム防御率最下位で、打線の力で優勝を取り切ってしまうだろう。

それと、今年の統一球は、高反発だということも大きそうだ。この巡り合わせが、チームの弱点を打ち消して西武を強くさせている。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

DeNA戦7-3 初回得点が続くので助かる


明石がヒットを放ち、今宮が送って、絶好調の中軸がランナーを返すという、まるで前日を見ているかのような展開。

実際は、先頭打者が川崎だったり、4番打者も入れ替わっていたりしているのだが、層が厚い。

というか、セ・リーグの先発投手がだらしなくて、そこをキッチリ突けている。

デスパイネは守備無難にこなしているし、4番の気負いも全くない。今日の一発も逆方向へのデスパイネらしい素晴らしい当たりだったと思います。逆らわずにバットに強く当てる技術はすごいね。

5回の柳田の一発も良い意味で変態的だった。低めのボール球をしばいて逆方向。年に何度かある今のが入る?って一発を見れて嬉しい。

初勝利の松本裕樹は、前回とちがって緊張も小さく落ち着いていましたね。まとまっているピッチャーだと思います。6回は、疲れとビジターの洗礼を浴びてしまったかなという感じですかね。

21才でのプロ初勝利 立派です。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................1 / 612345...最後 »