ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

琉球戦1-3 悪夢の開幕 決められる選手がいない


新生アビスパの戦い方に、ワクワクしたり、これからに期待する余裕は正直無い。

両サイドの裏に配球し、速い攻めを続けた前半の戦い方が、

ペッケア目指すサッカーと再認識はした。

松田を右に配置し、鈴木から多くパスを受けさせて、そこから中央に戻して点を取りにいく。

ただ、決める選手がいない。

城後では、その確率が低すぎる。

何より、城後がフリーで決めきらなかったカウンターで、

決勝点を決められるとは。

目指すサッカーが、難しいと思わせるのは、

J3から上がってきたクラブに負けたという

この結果。

何もできなかった木戸のところは、

早く助っ人外国人と置き換えたい。

今日の開幕戦は、

ペッキアの理想が、選手から引き出すことが可能な結果に

つながっていないことがよく分かった。

つながるようになるのは、いつなのか。

最後までつながらないのか。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

西武戦7-8 悪夢としか言いようのないサヨナラ負け

[ad#ad-2]


試合中は、今日のマジック点灯を誰もが確信している中、森が1失点・サファテが3失点するのは完全に予定外。

西武打線がいくら調子良いからって、今日の敗戦は引きずる。。優勝争いにも大きく響く。

そもそも、西武の先発 多和田の調子が相当に悪く、序盤で完全にゲームの主導権を取っていたのになんでこんな事になってしまったのか。

柳田の復調に助けられ、最近点を取れてはいるものの、その多和田をノックアウトした4回のノーアウト満塁のチャンスを活かせなかったことが響いた。

松田は、低めの変化球にバットが止まらない。少し縦の変化を付けられると空ぶっちゃう。状態悪いよ。

対して、浅村・メヒア・中村・森と絶好調中軸続く西武打線は恐ろし過ぎ。まさか、サファテで3失点とは。。

マジック点灯に7回連続失敗か・・日ハムファンは笑っとるな。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

5分間で3失点の悪夢はなぜ起きたのか

[ad#ad-2]


プシュニクが言うとおり、あなたが悪い。報道陣の前でカッコつけた発言をするだけじゃだめだ。今日のスタメンはアビスパの戦力と長崎のプレースタイルから見て妥当じゃありません。

前線でプレスがかからなくて、中盤はスカスカ。そんな中、無理に高いラインを上げているので、良いパスを裏にだされまくりになってしまった。もう見てられないほどに。

ボランチ2枚はいるでしょ。どう見ても。坂田や城後が下がってボールをさばいていましたが、誰がどのポジションなんだか。混乱して行き当たりばったりの守備では、長崎の戦術に対応できません。

また、プレスキックでファーサイドがおざなりになる癖が直ってない!この悪癖はずっと前から。他チームはスカウティングしていると思う。誰がマークに付いていたのか分からないくらいフリーで打たれているの悲しすぎる。

前半で5失点なんて試合をホームで見せるな!これは戦力云々の話ではない!

■↓■J’sGoalからhttp://www.jsgoal.jp/)■↓■

●マリヤンプシュニク監督(福岡):
「みなさん、こんにちは。このような試合の後で賢いことを言うのは難しいです。この試合の責任は私が取ります。前半に関して言うと、選手が我々がどういうサッカーをしなければいけないのかを分かっていなかった部分もありました。前半の試合は、私の今までのキャリアの中で最もひどい試合でした。サッカーですから、失点をすること自体は大きな問題ではありませんが、3分間で3失点もしてしまうというのは、あまりにも子供じみていると言えるかも知れません。後半に入って、選手たちは個性を発揮してくれたと思います。戦おうという振る舞いもありましたし、サッカーをしようとしていました。でも、この試合で受けた恥はしっかりと受け止めなければなりません。そして、今日の試合の責任が誰にあるのかと探しているのであれば、私に声をかけてください」

Q:前半は選手たちがどうしていいのか分からなかったとおっしゃいましたが、長崎に対して、どのような戦い方をしようとして、どういうところに問題があって上手くいかなかったと監督は捉えていらっしゃるのですか?
「1対1のところで勝ちきることが今日の試合の重要な要素であると考えていました。けれども、前半は、1対1のところ、球際のところでの戦いに勝つことができませんでした。他に大きな理由などはありません。守備に関して言うと、球際のところで負け、中盤の構成はまとまっておらず、前線の選手はボールをキープすることができなかった。そういうことです」

・他のアビスパブログへ–>にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。