ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

西武 ものすごい攻撃偏重チームに


野上が抜けた西武の先発陣はこう。

菊池雄星
十亀剣
ウルフ
多和田真三郎
カスティーヨ(外国人)
高橋光成

菊池以外、確実に勝てる投手がいない。

なんか昔のダイエーみたいって言ったら怒られるかもしれないが相当ヤバいと思う。

今度は打撃陣。

(中)秋山翔吾
(遊)源田壮亮
(二)浅村栄斗
(一)山川穂高
(指)森友哉
(三)中村剛也
(右)外崎修汰
(捕)炭谷銀仁朗
(左)金子侑司

1番秋山から6番中村まで、ものすごいんですが。

2,3点くらいのビハインドは、ノープロブレムの打線となりそう。

1番打者として、パ・リーグ最高の秋山。

源田の足。

彼ら二人の出塁率に加えて、浅村から中村までの打線の厚みがすごすぎる。

ずーっと2ベースを打たれて、最後に中村からレフトスタンンドヘ持って行かれるみたいな。

山川は、もっと伸びしろありそうだし、去年悪かった浅村は、数字を戻しそうだし。

今年の西武に対しては、1点を守りきる野球ではなくて、リードを積み重ねる強気の野球が必要だと思います。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

川崎戦3-1 プレスの無い引いた守備。サポートの無い攻撃。


年間順位が首位と最下位のチーム試合はこうなるという感じの試合でした。

5バックで守っての奇跡待ちでは、試合の流れを変えるプレーは起こらない。

サポートが無いまま為田や亀川が特攻のようにひとりでドリブルして取られるシーンや駒野が中に切り込んでも裏を走る選手もなく手詰まりになるシーンを繰り返し見せられるとチームとしての限界をヒシヒシと感じた。

後半にウェリントンが入ると、攻撃の厚みがぜんぜん変わってきたので、来年のJ2での戦いでも彼が絶対に必要だと分かった。

三島が意外といい味だしてプレーしている。逆転で彼は契約継続だろう。

平井も一矢報いる良いシュートを見せてくれてお礼を言いたい。

image

彼は時にこの位置から強烈なシュートを放つ。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

神戸戦0-0 5バック時の攻撃の可能性


神戸は、コンパクトな守備体系を取りラインはやや下がり目。それでもアビスパからはウェリントンめがけてフィードを放つ以外攻め手が無く、ゲームを通じてサイドで数的優位を作る機会はほとんどありませんでした。

相変わらずウェリントンは強くて、体にボールを当ててくれますけど、城後と金森の立ち位置がずいぶん遠く、ウェリントンを起点としてた攻撃は厳しい感じでした。

ウェリントンもそのフィードをもらうことが仕事になってしまっているため、立ち位置が浅く、攻撃の起点になりません。

城後は空気。そして金森はたまにドリブルで突っかけても相手の足にかかる。まあそんな感じで組織立った攻撃は厳しいなという試合でした。

5バックで守備は何とか保っていますけど、この陣形で得点を取ることは本当に厳しいなと。こんな戦い方でもウノゼロに持っていけたJ2とは違うことを痛感させられました。

もうちょっと城後がサイドで受けて味方の上りを待てるようなプレーをしてくれないと攻撃の幅が広がんないよ。そして、ウェリントンにボールを当てるならば、ツーシャドウの立ち位置を練習で調整してほしい。

最後に井原監督とネルシーニョ監督の固い握手

ネルシーニョ・井原

井原「がんばってください。」
ネルシーニョ「お前ががんばれ。」

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

1 / 4123...最後 »