ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

助っ人外国人ひとりの状況で新体制発表会


ふー。

大丈夫かよ。この状況で。

新監督ペッキアに率いられ、

セランテス選手

田邉選手

三國選手

喜田選手

前川選手

石原選手

それぞれの選手にはすごく期待しているけど、これなら上位争いできるという大きな補強がない。

どう見ても、甲府の補強と比べると見劣りしている状況。

今日の新体制発表会では、

「今後も補強を進めて参ります。」

の一言で終わってしまうのでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

アビスパ新体制発表 石津は結局レンタル延長

[ad#ad-2]


アビスパの2016年の新体制が発表されました。

選手一覧を見てます」と、「4」と「6」がぽっかり空いてる・・こんなとこ、開けっ放しにしないでしょ。

交渉中って考えてよいのかな。

もし、だれも使わないのなら、実績のあるキムヒョヌンとか古部に若い番号を付けてあげてもと感じました。

それと、宮本亨と古賀誠史が、クラブに帰ってきましたね。

アビスパサポーターに印象が残るOBがアカデミーコーチとして戻ってくることは、アビスパ福岡のサッカーの歴史を感じ取れる良い傾向だと思います。

それから、石津の去就がやっと決まりました。。神戸サポーターも、返却と思っていたのかもしれません。アビスパ側も為田が取れたので、絶対返してくれという状況にはならず、本人の意向を待っていたのでしょうか。

神戸では、シーズン終盤に活躍度が増していたと聞いていましたので、手ごたえを感じての残留だったのかと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

アビスパ新体制発表 野見山社長・福岡市の課長職からの樽見哲氏常勤取締役(営業・総務担当) 就任


大塚前社長時代から福岡7社会依存体質より脱却し、地域に根ざした多くの企業様から広く浅く支援をいただく経営手法に変わりました。

昨年、経営問題が露呈したように、この手法は道半ばです。さらに、今シーズンも赤字を計上すると、アビスパはJFLに降格する事態に陥る大事な大事な1年となります。

野見山社長には、クラブを大きくするというよりもまずは、経営を安定させることを第一に取り組んでもらいたいと思います。

11日に開催された紅白戦のようなワクワク感が、シーズン終盤まで続きますように。

■↓■報知新聞から(http://hochi.yomiuri.co.jp/)■↓■

サッカー・J2福岡は24日、臨時取締役会を開き、新社長に元日本サッカー協会技術委員会副委員長の野見山篤氏(57)=写真=を起用することを決めた。来年1月の臨時株主総会で正式に承認される見通し。

 野見山氏は福岡県飯塚市出身。嘉穂高―早大を経て住友金属(現J1鹿島)で選手、監督として活躍し、日本協会では当時のジーコ日本代表監督を支えた。今後は県サッカー協会などとも連携して集客増を目指す考えで、福岡市役所で記者会見した野見山氏は、「九州のトップリーダーとなり、地域に根ざしたクラブを作りたい。一年でも早くJ1に復帰したい」と語った。

 株主の福岡市は、同氏のサポート役として、市文化振興部課長の樽見哲氏(50)を営業・総務担当の常勤取締役として派遣する。
[ad#ad-2]

・他のアビスパブログへ–>にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。