ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

博多の森 来客数2割減


ホーム5試合を終え、来客数は昨年の41,473人に比較して20%減の33,203人(1試合当たり6,640人)にとどまっています。

アビスパ福岡の2017年度の入場料収入は1.9億でしたから、おおよそ3800万の収入減で推移しているということになります。

開幕戦は昨年とほぼ同じであり、ファビオ新体制への期待の大きさを感じましたが、その後はじり貧。

観客席の遠さも原因かもしれませんが、クラブの魅力が失われつつあるようで不安です。

チームはいまだ試行錯誤の真っただ中にありますが、ファビオの戦術どおり、サイドバックを高い位置に置いても、

城後を下げて守備を手伝わせ、4バックであればゲームの形を作るところまでは進んでいるようにも見えます。

ただ、この現実的な「ファビオ戦術+アビスパの現戦力」の戦い方を続けたとしても

得点を重ねる力は、ありそうになく

この1年間は厳しい戦いが続きそうです。

愛するクラブが、この後どこまで盛り返せるのか楽しみにしたいとも思いますし、

厳しく見守る必要もあると感じます。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

アビスパ スポンサー数6倍 来客数1.5倍

[ad#ad-2]

アビスパ福岡のスポンサー数が増え続けている。

その数、去年の約6倍の611社。たった1年で6倍にもある成功事例は他クラブにもあるのでしょうか。

avi

去年までの経営危機を乗り越え、V字回復させた新経営陣の評価が高まっています。

福岡市発祥のソフト開発会社であるシステムソフト、その親会社であるアパマンショップホールディングス、そして大スポンサーとして名乗りを上げた福岡地所の主導で立ち上げたAGA(アビスパグローバルアソシエイツ)が、福岡の各企業による支援の輪を作り、仕事上のつてや取引関係を活かした効果的なスポンサー獲得に寄与していることが大きいと思います。

わたしが思う潮目が変わった瞬間は、有名で実力のある井原氏の招聘に成功した後、みんなで井原新監督を空港に迎えに行こうとクラブが呼びかけてた時です。

クラブの前向きな姿勢をその時感じましたし、実際多くのサポーターが空港のロビーを埋め、それが話題になり、アビスパ福岡が注目される事になったような気がします。

吉本興業とタイアップし、お笑い芸人を使って試合を盛り上げたり、アイドルを使ってライト層を呼びこむなど、集客事業は着実に実を結んでいます。

目標とする平均1万人は少し厳しいのですが、毎試合バックスタンドがぎっしり埋まる様子を見ると、アビスパ福岡は本当に変わったと嬉しく思うのです。

・他のアビスパブログへ–>にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。