ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

甲斐の今年の盗塁阻止率と歴代の記録


甲斐のスローイングが、ホークスの試合観戦を楽しくしてくれている。
今年の盗塁阻止率は、パリーグトップの.447。

半分弱の盗塁を防いでくれるのは、チームとしても相当助かるし、バンデンハークなど牽制が苦手なピッチャーを支えてくれることも大きい。

甲斐のこの数字でも相当にすごいと感じていたのですが、過去に5割を超える盗塁阻止率にまで達した捕手が、11人もいた。

有田修三 近鉄
1976 0.536
大矢明彦 ヤクルト
1970 0.568
1972 0.550
1974 0.552
1976 0.500
小宮山慎二 阪神
2012 0.500
城島健司 ダイエー
2002 0.508
谷繁元信 横浜
2001 0.543
田淵幸一 阪神
1969 0.534
1970 0.552
1972 0.541
1973 0.519
中村武志 中日
1989 0.516
1995 0.519
梨田昌孝 近鉄
1979 0.536
福島知春 巨人
1978 0.633
福嶋久晃 大洋
1975 0.553
古田敦也 ヤクルト
1990 0.527
1991 0.578
1993 0.644
1994 0.500
2000 0.630

1993年の古田は、45回走られて16回しか盗塁を許していない。

というか、130試合に出場しているのに、45回しか走られていないことがすごい。

話しは甲斐に戻りますが、もう少しリードの技術の向上が必要そうです。

首脳陣に指導を受ける場面もよく見ますし、終盤戦では高谷が重宝されている試合も多くありました。

クライマックスシリーズでどこまでアピールできるか、楽しみでもあります。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

オリックス戦6-4 甲斐の相性、デスパイネの強い打球


山岡はいい投手で、特に他球団にはナイスピッチングをしているようですけど、彼に対する甲斐の相性がすこぶる良い。

きれいに打ち返して、「すごっ」って感じ。

そして、貴重な追加点となった2ランを放ったデスパイネですが、復帰2戦目から打球が強くなっているのが分かる。

1か月の癒しの期間は、体力的な復調にもなっていると感じました。

千賀は、100球に近づくと握力の低下がありあり。

エースだからもうちょっと投げてほしいが、そんなに腕・肩とも強い方じゃないので、苦しい。

CSでの1点差を争う試合の中で、どう継投していくのか、首脳陣の適切な判断が求められるとも思いました。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

楽天戦6-1 甲斐は送球ミスがクセにならないよう


はっきり言って、楽勝。

こちらは、東浜を初戦に当てて、しっかり勝ちにきているのに対し、楽天は安楽を調整させる試合。

実際、調整中の安楽に怖さはありませんでした。

今宮の一発で、っっっっっっっっっっっっfgっfrを得ることができた試合でしたが、今の今宮はいつでも外野フライを打てるスイングの鋭さ。

4回に放った犠牲フライにも自信を感じます。

気になったには、珍しく、甲斐が2回も送球エラーしたこと。

盗塁阻止率.450以上を誇る彼ですからあまり心配いらないかもしれませんが、癖にならないか少し心配であります。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................1 / 41234