甲斐拓也に惚れている


今の甲斐の活躍は、長年ホークスファンが感じていた、自チームに足りないモノが、ようやく解消されたかのような安心感を与えてくれる。

極端な事を言えば、城島がメジャーに行ってからのそれが解消されたと言って良い。

それくらい、私は応援しています。

先日の楽天戦、サードランナーを牽制で刺し、さらにセカンドランナーもタイミング的には刺していた。

甲斐の強肩は、盗塁を刺すがだけでなく、リードまでもバンバン刺してしまうものかと。

清水コーチから、球の強さや 取ってからの早さよりも正確さが大事と指導を受けていたようです。

事実、今宮キャッチするグローブに向かってそのまま盗塁のランナー走り込んでくること何度も見てます。

やや、クイックに難があるバンデンハークも、甲斐の肩のおかげで、気にせず投げられているような気がします。もう、キャッチャーの肩っていろんな良いことに波及するもんだと感じるんです。

それでいて、満塁弾を放つなどパンチ力もあるので、華があるとも思います。

170cm小柄ながらも、レギュラーの素質十分です。向こう10年チーム支えて欲しい。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。