ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

私はJリーグ秋春制移行に大賛成だが


村井チェアマンが主導する秋冬制への移行計画は、またも頓挫しています。

個人的に、Jリーグの開催時期をプロ野球の開催時期とずらして、日本の2大プロスポーツを盛り上げたいという思いがあります。

それと、欧州の開催時期と合わせることで、移籍の活発化も図れるのではないかとも感じています。

ですが、以下の確固たる理由で移行しないことになったようです。


1、移行しない方が、リーグ戦実施可能期間が1か月以上長い。

2、シーズン終盤の4、5月にAFCチャンピオンズリーグのグループステージ終盤やラウンド16の試合と重なり、出場した4クラブのみ不利。

3、夏のウインドーならば移籍金が少なく済むとは言い切れない。

4、シーズン末に決勝が集中することは世界基準で違和感がない。

5、「雪国に相当設備のスタジアム等が整備されるだろう」という期待を前提とした移行はありえない。

6、移行期の0.5年または1.5年での収益確保の問題。

7、学校年度とのズレ。

8、企業との期ズレ。

9、ルヴァン杯を1月2月に開催できない。検証したところ他の期日にプロットできない。

とまあ、これだけできない理由を並べられているという状況。

雪が降るから、試合ができないじゃん。というだけの話しでは無いようです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

アビスパ ホーム4戦連続テレビ中継 だから秋春制が・・


前回ホームの山口戦に続き、

千葉 TNC
湘南 KBC
松本 FBS

の各3試合ともテレビ中継が決定。

シーズン最終盤の大事な試合を、地元の皆さんで共有できることは大きい。

ホーム4戦連続テレビ放送はアビスパ史上初とのこと。

少しは、コンテンツの魅力が増しているということが言えると思うのでうれしい。

というか、福岡ではプロ野球のオフシーズンになっていることが、この成果につながっていると思う。

Jリーグでは、秋春制への移行を模索していましたが、J加盟54クラブ対象の正式調査で約8割が反対し、頓挫しています。

どう考えても、温暖な気候で、かつソフトバンクと競合しない春秋制のほうが、アビスパには向いているはず。

ただ、雪で試合ができないクラブに無理をお願いすることもできませんしね。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

Jリーグの秋春制に期待していたが

Jリーグの秋春制度移行にはものすごく期待していたのに。日本の2大スポーツ プロ野球とサッカーが切れ目なく実施されている方が見やすいし、メディアも取り扱いやすいと思う。ホークス偏重でアビスパ ギラの扱いが低い福岡のメディアの改善されるかも

■↓■日刊スポーツから(http://www.nikkansports.com/)■↓■

 Jリーグが、来季も現行通りの春秋制を続けることが5日、分かった。複数のJクラブ関係者らの証言で明らかになったもので、10日に東京・文京区のJFAハウスで開かれるJ1、J2合同臨時実行委員会で最終協議し、16日の理事会で最終決定する。

 5月の実行委員会で日本協会から、秋春制への移行を提案された。直後にJは日程問題検討タスクフォースを立ち上げ、これまで6回協議した。さらに運営、マーケティング、育成、競技と、4部門の分科会を9回開いて話し合ったが、現実的に難しいとの意見が大半を占めたという。

 積雪量の多い地域での冬開催問題などもあるが、最も大きなネックは、移行初年度のクラブ経営が難しいことだ。日本協会からは「来年春に開幕し、翌年の夏までの1年半を1シーズンにする」との案が提示された。しかし、試合数が増えるわけではなく、スポンサー収入、入場者収入などの増額が見込めず、1年の予算で1年半をまかなうことは現実的に難しい。

 実行委員からは「日本協会の提案で移行すると、半数以上のクラブがつぶれる」との意見が多かったという。他に、クラブと年俸契約を結んでいる選手らの給料にも影響することも必至で、仮に1年半で1シーズン分の年俸を支払うことになれば、選手の死活問題にも発展する。

 5月にシーズン制移行を提案した日本協会・田嶋幸三副会長は「Jが出した回答に対して、協会が訂正を求めることはしません。Jの意見を尊重します」と話しており、10日に出される返答が、最終結論となる。