日ハム戦0-12 赤っ恥の鷹の祭典 監督の責任は重い


そもそも振り返る価値が無い試合だったと思いますが、

武田が5回まで、ギリギリで粘って1失点に抑えた後の裏の攻撃、

中村晃の2ベースでつかんだチャンスに、早くも長谷川を代打で送って勝負をかけます。

まさに勝負所だったのですが、その長谷川が間合いを嫌って、バッターボックスを外すと、タイミングが悪くてその投球が認められ三振に。

こんなちぐはぐなことをやっていて、ゲームの流れを持ってこれるものかという感じ。

次のバッターの川島には、気持ちよく投げられて2者連続三振でジエンド。

この後は、打たれまくっているのに、勝ちパターンのピッチャーを注ぎ込んで、気持ちも入らず失点しまくり。

監督の責任は重い。

そして、鷹の祭典in東京の2連戦とも二桁失点ということになり、営業面でも相当な失点になった。

これは、オーナーからも責任を問われるレベルだと思う。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。