ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

サイドで違いを作れ!フェリックス ミコルタ


動画見ました。

シーンごとに守る位置が違うから、びっくりしたんですけど、右サイドが主戦場のよう。

体格で優位に立ち、ボールを強引に運んでくれそう。

ゴール数は少ないので、真ん中で点を取ってくれる感じのCFではないですけど、攻撃的な選手が足りていなかったので、使える補強選手だと思いました。

ファビオ監督が求めそうな選手でもありそうです。

スピードもありますし、前目でボールを奪ったときは、フェリックス ミコルタが、起点となって力強く攻めてくれそうな気がします。

開幕まであと10日、時間が無いんですけど。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

パリーグの営業努力とセリーグとの土壌の違い

[ad#ad-2]

パリーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング株式会社が、日本政府観光局とタイアップしてアジアの人々の訪日を促す事業を行うそうです。

プロ野球という古臭く凝り固まったような組織の中で、パリーグ独自で柔軟かつ積極的マーケティング策を行うことに共感を覚えます。

事実、独自の携帯サイトやパリーグ独自TVなど、IT分野に長けたオーナー企業が多いパリーグならではのファン獲得策功を奏していると思います。

セリーグがしないんだったら、パリーグだけでさっさと行いますよということです。

プロ野球ファン人口の調査結果によると、ファン全体の総数はここ10年で減少傾向にあるが、パ・リーグに限定すれば上昇しており、2004年から2009年で504万人増、さらに2014年までは198万人増で、もうすぐ2000万人に達する勢いなんだそうで、パリーグのファン人口はセリーグの半分ほどにまで差がつまっているとのこと。

ただ観客動員数の方は、セパともに堅調で、

253試合で7,735,532人 前年比+6.6%

247試合で6,026,611人 前年比+6.2%

という状況。セリーグの平均観客数に到達しているのはないソフトバンクホークスだけという現状。

本当は、球界全体で活性化しないともいけないということです。

ちなみに、パリーグの事務局に対して、いつも不満なのがこのパリーグ公式サイトの貧相さ。

http://www.npb.or.jp/pl/

30万もかけて外注すればまともになるのに恥ずかしくないのか。

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

田中とダルビッシュ 制度の違いで球団が儲かるか本人が儲かるか


7年163億円という大型契約にはかなりびっくりです。

まだメジャーで1球も投げてないのにこの金額ですから。全然井川の時の失敗を引きずっていないようです。

ヤンキースも昨シーズンの先発不足の二の舞を踏まないように必至だったんでしょう。全力で取りに行ったんでしょうね。

マー君の年俸は確かにすごいのですが、ダルビッシュとの差が大きすぎるんです。

マー君は、球団に21億。本人に7年163億。
ダルは、球団に40億。本人に6年62億。

この差は平等じゃないでしょ。

しかもMLBとしては、結局 高騰してないか?

■↓■日刊スポーツから(http://www.nikkansports.com/)■↓■

 ヤンキースは22日、楽天から新ポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指していた田中将大投手(25)と7年契約を結んだと発表した。AP通信などによると総額1億5500万ドル(約163億円)の大型契約。

 年俸は6年目までが2200万ドル(約23億円)、7年目が2300万ドルで、総額でも単年でも日本選手史上最高となった。これまでの最高はイチロー外野手がマリナーズと結んだ2008年からの5年契約で、契約金を含め総額9千万ドル、年平均1800万ドルだった。契約には田中が希望すれば、4年目終了時にフリーエージェント(FA)となれる条項が含まれる。

 ヤンキースのブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャーは「ヤンキースはチャンピオンにふさわしいチームをフィールドに送り続けようとする。それが伝統」と電話での記者会見で異例の大型契約について話した。

 契約が完了したことで、新ポスティング制度に基づき2000万ドル(約21億円)の譲渡金がヤンキースから楽天に支払われる。ヤンキースには現在イチローと黒田博樹投手が在籍。かつては松井秀喜外野手が活躍した。

 田中はプロ7年目の昨季、24勝0敗1セーブ、防御率1・27で、史上初めて無敗で最多勝を獲得。創設9年目のチームを初のパ・リーグ優勝と日本一に導いた。

 自由に海外の球団に移籍できるFAの資格条件を満たしていないため、球団の同意を得て新ポスティング制度での大リーグ移籍を目指していた。

[ad#ad-2]

・他のホークスブログへ–>にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ  更新情報を受け取る–>RSS配信

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。