ホークス-アビスパ.com(応援ブログ)

ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の試合レビュー、ニュース、応援歌、記録を掲載するブログ

By

楽天戦3-4 デッドボールで乱れた制球


またも藤平にやられたホークス打線。

若いピッチャーが結果を出している楽天がうらやましい。

来年は、10勝くらいいきそう。

完全にホークス打線と相性が良いと思って投げているので、スカウトをしっかりして対策して欲しい。


10試合連続ヒットの松田の勢いは本物になったと思うが、今は、牧原や上林といった伏兵の勢いが落ちてしまっている。

この打線のチグハグさにプラスしてデスパイネ不在は痛かった。

武田は、直球の伸びはあったと思う。特に、2回から4回にかけては指にかかったボールが低めに制球されていた。

あのデッドボールで、気持ちがフラついたことが本当にもったいない。

こういう細かいことに動じず、向かっていく姿勢がもっと欲しい。


にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

大阪桐蔭 根尾くんに対する日ハムの発想


大阪桐蔭の根尾選手に対する日ハムのスカウト方針に驚きました。

沖学園戦で、8回まで最速148キロで投げ切り、バックスクリーンに一発を放たれてしまった あの根尾くん。

ホークスの永井スカウト室長は、「投打どちらか悩ましい」と語り、彼の潜在能力をどう生かすのか計りかねている様子でした。

そんな中、大谷の入団時にGMとして投打二刀流の可能性を開いた日ハムの山田顧問は「(根尾を)基本的には野手とみているが、遊撃で先発し、何日かに1度リリーフで登板するのが一番面白いんじゃないか」と発言。

この柔軟な発想を持てる球団って、すごいなと感心してしまいます。

根尾くんもこんな提案をしてこられたら、ノリノリで交渉に応じてきそうです。

実際は、入団拒否をちらつかせない限り、球団選択の権利はないのですが。

永井氏は「野手としては既にトップクラス」とも語っており、内野手の高齢化が目立つホークスの次世代スターとして狙う可能性もあると思います。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

By

体調不良の内川と好調の長谷川


代打で結果を残していた長谷川は、スタメンを張るべき好調ぶり。

一方、打順を落として様子をみている感じの内川は、厳しい状態。

キャプテンという立場からも、彼の繊細な性格から考えても、二人をサクッと交代するわけにはいかないチームの雰囲気があるにはある。

二人をどうマネジメントしていくかは、工藤監督の腕の見せどころだ。

昨日の試合で内川が出場できなかったのは、体調不良によるものだそうだ。

まあ、そういうことで良い。

今年は、DH枠で長谷川を使うことができないし、足の具合からも外野手というわけにはいかない。

二人を上手に併用するしかないのだ。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

...............................3 / 1,04012345...102030...最後 »